若手職員からのメッセージ509

職場のサポートが十分にあり、育児も仕事も楽しく両立しながらやっています。

Weekly福祉の星 美﨑さん(社会福祉法人 市原寮)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

高校時代、親元を離れ祖父母と三年間過ごした経験がありました。高校卒業後に祖父、祖母が順に病を患い亡くなりました。その間私の母が仕事をしながら懸命に介護をしていた姿や、お世話になった病院や施設でのスタッフの方々の対応、祖父母の最期の姿が忘れられず、福祉の道にすすんでいきたいと思い、この仕事を選びました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

日々職員一人一人が入居者の事を思い、その方のケアをどうしたらいいか意見交換しながら実践しています。声掛け一つでその方のやる気を引き出せたり、穏やかな表情を見せてくださったりすると「やってみてよかったね!」と皆で喜びあいます。うまくいかない時もありますが、「それならこうやってみよう。」とアイデアを出し合ってケアに取り組んでいます。入居者が表情豊かに、生き生きと過ごされている様子をみるととても嬉しくなり、それが私のやりがいにつながります。

家事や育児との両立はできる?

答え

毎日とても忙しく、時間があっという間に過ぎていきますが、主人と子供の送り迎えなど家事、育児を役割分担しながらこなしています。子供と関わる時間が限られてしまいますが、だからこそ休みの日はおもいっきり子供と遊んで楽しい時間を過ごすようにしています。子供が急に熱を出したりして職場の皆様には迷惑をかけてしまうこともありますが、勤務時間や休みの調整等、職場のサポートも十分にあり、両立しながら育児も仕事も楽しみながらやっています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

未経験の方でもしっかりとした研修プログラムがあり、スキルアップを目指せる環境が整っています。人生の大先輩である入居者の方々から学ぶことは多く、たくさんの笑顔に助けられたり、不安な事があっても相談にのってくれる上司や仲間がいたり、本当に人と人とのつながりをとても感じられる仕事です。ぜひ、私達と一緒に働きましょう。

 福祉の星 一覧に戻る