若手職員からのメッセージ520

皆さんにも、かけがえのない笑顔に出会ってもらいたいです。

Weekly福祉の星 藪野さん(社会福祉法人 青谷学園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

この仕事のやりがいは『ご利用者様の笑顔』です。支援者という立場で日頃ご利用者様と関わっていますが、ご利用者様の笑い声やふとした笑顔、嬉しそうな表情に元気づけられる毎日です。どんなに重度な障害をお持ちのご利用者様であっても、必ず笑顔になる瞬間があります。その瞬間に出会えた時、この仕事をやっていてよかったと心から思います。ご利用者様の笑顔を見たくて仕事をしているといっても過言ではありません。

休みは十分にある?

答え

週休3日で年間休日173日なので休みはたっぷりあります!有給休暇も7割以上取得が推奨されているのでとても取りやすく、取得すると1年間で180日以上休みがあることになります!私は連休を利用して、2か月に1回のペースで旅行に行っています。社会人になってからこんなに出かけることが出来るとは思ってもいなかったので、とても嬉しいです。中には公休と有給を合わせて1か月休暇を取得し、海外旅行に行っている先輩もいます。1日の労働時間は10時間ですが、休みがたっぷりある為、しっかりリフレッシュが出来ます!

未経験でもやっていける?

答え

私は大学時代まったく福祉に関する勉強をしていませんでした。もちろん資格もありません。知識も技術もないため、とても不安なまま入職しましたが、仕事内容に関する研修(座学)が設けられており、ある程度福祉について学んだ状態で現場に入ることが出来ました。それでもまだ、仕事に対する不安は消えませんでしたが、1年間のプリセプター制度があり、2か月間トレーナーと同じ勤務に入って、一から丁寧に教えてもらいました。分からない事もすぐにその場で聞くことが出来るため、勤務を重ねるごとに未経験に対する不安はなくなりました。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

『汚い、きつい』等の印象を持たれがちですが、私はそのように感じたことは一度もありません。むしろ、とても楽しくてやりがいを感じる仕事だと思います。やはりそれは支援、援助に正解がないからだと思います。何通りもの支援方法があり、自分なりに支援を組み立てていく、その先にご利用者様の笑顔がある。そんな素敵な業界です。福祉をやりたいという思いがやりがいに繋がります。皆さんにも、かけがえのない笑顔に出会ってもらいたいです。

 福祉の星 一覧に戻る