若手職員からのメッセージ522

ご利用者様のご家族様にも寄り添って話が聴ける人でありたいと思います。

Weekly福祉の星 村上さん(社会福祉法人 端山園)

※法人情報はこちらからご覧ください

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

はい、もちろんです。 介護職に就くまでは、接客業などの人と関わる仕事をし、介護職に就いて4年目に入りましたが、入社当初からもっと早くこの職業に就いていれば良かったと思うほどです。経験を積み重ねていき、それに伴って自分のスキルアップを目指し、より良いケアに繋げられることへの努力に面白みを感じています。 元気で働けるうちは今後も、この仕事を続けていきます。

将来の夢や目標は?

答え

認知症についてもっと詳しくなることです。様々な資格があり、段階をふんで資格取得を目指しますが、認知症についての知識面だけでは不十分と考えます。常にご利用者様と関わりを持ち、職員同士、情報交換しながら、経験も含めて詳しい人でいることが夢です。また、ご利用者様のご家族様にも寄り添って話が聴ける人でありたいと思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

ご利用者様とはもちろんのこと、職員同士のコミュニケーションを図ることを大切にしています。常に相手の様子や行動を観察して、変化を見落とさないように意識しています。職員同士の関係はご利用者様へ影響します。心地良い雰囲気を提供出来る環境は、職員同士で築き上げるものです。言葉の使い方、態度、表情などで雰囲気は良くも悪くもなります。ご利用者様が「ここへ来て良かった。」と感じてもらえるよう、良い環境づくりを心掛けたいです。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

少しずつ経験を積んで、お互い頑張りましょう。

 福祉の星 一覧に戻る