若手職員からのメッセージ538

誠意をもってかかわりを持てば、必ず相手の方には伝わると信じています。

Weekly福祉の星 吉田さん(社会福祉法人 大山崎町社会福祉協議会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

以前は、他の施設の事務職員として働いていました。私自身、初めから介護の仕事を目指していた訳ではありませんでした。しかし、介護福祉施設の事務職員として、介護職員のサポートとして、介助の手伝いをするにつれて、『自分自身が直接、利用者の力になれないだろうか』という思いが強くなり、介護について知識・技術を学びながら介護職として、特別養護老人ホーム、通所型知的障害者施設に勤めてきました。

未経験でもやっていける?

答え

私自身、経験もなければ、学校で専門的に学んだこともない状態でのスタートでした。まずは、体当たりで取り組もうという意気込みで、現場に入りました。 失敗して、利用者や諸先輩方に、ご迷惑もかけたこともありました。心が折れそうになることも多々ありました。しかし、誰しもがはじめて仕事に就いて、多くの経験を積みながら現在があるんだと、私も実際にそうやってきたと、自身に言い聞かせながら、が、働いてきましたので、未経験だから無理だと躊躇せずに、進んでいただけたらと思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

利用者と一対一で対応する場面が多いですが、どんな時でも自分一人ではなく、困った時は抱え込まずに、上司、先輩、後輩、同僚に相談や時には頼ることを心がけています。私自身、相談できずに一人で抱え込んでいた時期がありました。その時、上司に頼ってアドバイスをもらうことで、解決することができました。 現在勤めいているデイサービスでも、他職種の経験豊かな諸先輩方が、丁寧に教えてくださるので、頼りながら安心して、働くことができています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

自分では、時には、思い違いや思いがけないないことが起こり、心が折れてしまいそうになることもありますが、誠意をもってかかわりを持てば、必ず相手の方には伝わると信じて日々業務しています。利用者・利用者の家族の笑顔を近くでふれられることに一番やりがいを感じ、不安いっぱいでこの業界に飛び込んだけどよかったと思っています。 楽しいこともあれば、辛いことや乗り越える壁も出てきますが、それは成長につながりますので臆せずに頑張ってほしいです。

 福祉の星 一覧に戻る