若手職員からのメッセージ541

色んな感動に立ち会いながら、自分自身も成長していけるとても幸せな仕事です!

Weekly福祉の星 立川さん(社会福祉法人 育宝会)

※法人情報はこちらからご覧ください

今までに一番心に残っている出来事は?

答え

年長児の担任をした時の生活発表会です。その前の運動会では、普段から出来ていた演技が当日は上手くいかず、子どもたちはとても悔しそうにしていました。発表会の劇の取り組みが始まると、運動会の悔しさをバネに熱心に取り組む子どもたち。発表会本番では、運動会の分も頑張って大成功でした。劇の後、子どもたちが達成感で涙し、私も一緒に成功を分かち合って泣いたことは、一番心に残っている思い出です。

仕事をする上での必須アイテムは?

答え

短く切った「丸坊主頭」です。この坊主頭は、一見怖く見られがちですが、私の場合はコミュニケーションをとるための大切なアイテムの一つです。私の頭の触り心地が好きな子どももいます。坊主頭の話で保護者や職員間でコミュニケーションが取れることがあるので、私にとってはとても重要なアイテムです。ただ、冬場は寒いですが・・・。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

コミュニケーションをとることです。子どもや保護者とコミュニケーションを密にすることはもちろんですが、最近特に大切にしていることは、職員間のコミュニケーションです。一日1回の簡単な挨拶でも良いので、職員全員に声を掛けることを目標にしています。職員一人ひとりが気持ちよく仕事ができ、個々の力を存分に発揮できるようにしたいと思っています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

保育の仕事は、「非認知能力」が最も育つと言われている乳幼児期の子どもと関わる大切な仕事です。小さな子どもの命を預かるとても責任の重い仕事ですが、その分やりがいのある大切な仕事です。「日々感じられる子どもたちの成長」、「共に子どもの成長を見守る保護者との信頼関係」、「仕事を通して深まる職員間の強い絆」など、色んな感動に立ち会いながら、自分自身も成長していけるとても幸せな仕事です。ぜひ私たちと一緒に楽しく保育しましょう!

 福祉の星 一覧に戻る