若手職員からのメッセージ552

笑顔・明るさをモットーに仕事しています!

Weekly福祉の星 井口さん(明日香ケアサービス株式会社)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

幼い頃から祖父と祖母と生活していた事が1つのきっかけでした。母子家庭であり母親と接する以上に比較的、祖父母と接する事が日常的でした。ずっと面倒を見てくれた祖父が脳梗塞の病気になり介護が必要となった時に初めて「介護」と言う言葉を知りました。その頃は中学1年です。祖父から「昔の人達が一生懸命頑張ったからこそ今がある。」とよく聞かされていたため、その人達に恩返しをしようと言う気持ちが自分を介護の仕事に就こうとしたきっかけでもあると思っています。

気になる給与・残業はどう?

答え

介護業界の給与は確かに低いと言われています。自分自身は給与の数字よりも「やりがい」の方が必要だと思っています。①給与は良いが「やりがい」がない、残業がしんどい。②給与は低いが「やりがい」がある、残業がしんどいが次に繋がる。 考え方だと思います。確かに楽をして給与をいただける仕事などありません。他職種との違いもあるでしょう。何事も仕事をする時は「やりがい」が大切だと自分は思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

明るさ、笑顔を大切にしています。社会人として基本的な事は、まず「挨拶」だと思います。ただ「挨拶」するだけでなく明るく、明るい笑顔で挨拶する事により相手も自然と明るくなると自分は思います。反対に自分が暗くなると相手も暗くなる。そうなると周りにも影響します。はじめの一歩が大切であり、まず明るく挨拶する事が大切であり笑顔、明るさを自分は仕事の中で大切にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

介護の3Kがよく言われています。3K【K:きつい、K:汚い、K:危険】。自分自身の3Kは【K:気持ちよく、K:期待、K:希望】です。「気持ちよく期待し希望を叶える。」と言う事です。明るく、楽しくを大切にすればきっとやりがいのある仕事だと思えるはずです。現在も「少子高齢化」が進んでいます。介護の3Kが素晴らしい響きになるように持っていけるように共に頑張りましょう。

 福祉の星 一覧に戻る