若手職員からのメッセージ554

1歩づつ成長していけるはずです。

Weekly福祉の星 伊東さん(株式会社 サポート桂)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

結婚してちょうど10年経った時にヘルパー2級の資格を取りました。 この10年間は専業主婦として家事と子育てに費やしてきました。ぼちぼちバイトをしようと思っていた矢先に、主人からこの資格を取るのはどうかと言われ人生で初めての資格。ゆくゆくは、自分たちの親の面倒を見る時に必要な知識だと思いこの仕事を選びました。

今どんな仕事をしている?

答え

訪問介護の仕事をしています。安否確認、服薬確認、買物代行、洗濯、掃除、ゴミ出しなど日常生活のお手伝い。点眼、湿布、排泄介助、清拭(全身、部分)、入浴介助など色々なお仕事をさせていただいています。それと大事なのは利用者様とのコミュニケーション。そこであらゆる情報を聞かせてもらい、次につなげるようにしています。

仕事をする上での必須アイテムは?

答え

この仕事を選んだ事で自分の身体のケアも考えるようになりました。例えば運動不足が続いていましたが、訪問介護の移動手段に自転車を使い、いい汗をかきますので冷え性も少しましになったように思います。よく体をほぐすようにもなりました。関節を伸ばしたり、ストレッチを大事にしています。仕事をを通して得られるものはたくさんあります。 必要アイテム、それは自身の心身の健康かと思います。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉の仕事を通して得られるものはたくさんあると思います。 大変なお仕事ではありますが、自分に足りない事も気づかせてもらえるので、1歩づつ成長していけるはずです。これから私もまだまだ学んでいきたいと思います。 一緒に頑張っていきましょう。

 福祉の星 一覧に戻る