若手職員からのメッセージ558

職員皆が情報共有し、その方々にとって必要なケアを考え行っていく事が必要だと考えています。

Weekly福祉の星 須野さん(社会福祉法人 市原寮)

※法人情報はこちらからご覧ください

今どんな仕事をしている?

答え

介護士、ユニットリーダーとして・・・ 入居者の方達がその方らしい暮らしを継続して頂くために食事・排泄・入浴のケアをその方に合った形で提供する様心がけています。またユニットリーダーという役割をもらっていますのでユニット職員の意見のまとめ役として奮闘しています。 ケアマネージャーとして・・・ 介護の仕事に加えて担当ユニットのケアマネージャーとして入居者の思いに寄り添いながらケアプランを立てています。施設ではどんどん入居者に介護度が重くなり認知症もあることから、なかなか自分の気持ちを表現する事が難しい方が増えています。ご家族の思いと普段接している私たちが今その方にとって必要なサービスは何かを常に考えケアプランを作成しています。

福祉の仕事の面白いところは?

答え

入居者の方々は認知症が多いですが、それ以外にも既往歴・生活歴等,人それぞれ性格や好みが違います。ほぼ毎日顔を合わせていても喋る事や行動は毎日違っており「えっ。何でそうなるの。」と驚く事もしばしばあり、予想出来ない言動に思わず笑ってしまう事もたくさんあります。 そして長い間関わる事で信頼関係が構築されます。あまり笑わない方が笑ってくれたり、ほとんど喋れない方が言葉を発してくれたりすると嬉しいし、その方の違う一面を見つけるのは面白いです。職員間でも色々と意見を交換して、話し合いが出来るのも楽しいと思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

私が仕事の中で大切にしている事は、思いやりと協調性、そして報告・連絡・相談をきちんと行う事です。福祉の仕事は入居者・家族・職員と常に人と関わる仕事なので、一部の人だけが情報を知っていたり、いいケアを行っていても、入居者・家族にとってはいい環境とは言えません。職員皆が情報共有し、その方々にとって必要なケアを考え行っていく事が必要だと考えています。職員同士のコミュニケーションや他職員の意見に耳を傾ける事が大事だと思います。どんな仕事でも同じだと思いますが、お互いが思いやりを持って仕事が出来ていれば人間関係もうまくいくし愚痴や不満も少なくなるのではないでしょうか。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

大変な仕事であり、目に見えて仕事の達成度がわかるものではありませんが、人と関わる仕事をしたい!誰かの役にたつ仕事をしたい!と考えているのであれば、ぜひとも就職して欲しいと思います。私もこんなに長くこの職種に就くとは最初の頃は予想していなかったのですが、気付けば10年以上経過しています。これだけ長く働けているのは、職場の方々に恵まれたり、仕事はしんどくて忙しいですが、やりがいや面白いと感じているからだと思います。元気で明るい方!是非一緒に福祉を盛り上げていきましょう。

 福祉の星 一覧に戻る