若手職員からのメッセージ567

試行錯誤しながら取り組んでいく楽しさがあります。

Weekly福祉の星 寺田さん(社会福祉法人 京都光彩の会)

※法人情報はこちらからご覧ください

今どんな仕事をしている?

答え

心の健康に不安を持たれている方々の就職のサポートを行っています。 調子を崩して前職を退職された方から、これまで職歴がない方まで様々な方が、当事業所に来られ就職に向けてトレーニングをされています。 一緒に軽作業をしたり、外に清掃に行ったりしながら、その人の強みを見つけて延ばせるようにサポートしています。その他、ハローワークに同行したり、職場実習に同行するなど、その人のペースで就職に向けて歩んでいけるよう、一緒に作った計画に沿って取り組んでいます。

休みは十分にある?

答え

所属法人の取り組みで、ワーク・ライフ・バランスを意識した働き方を行っているので、土日祝の休み以外にも有給休暇などを定期的に取らせてもらっています。 趣味で写真をしているので、休みの日は神社などに写真を撮りに行っています。また行楽シーズンのときは、有給を取らせてもらい、泊りがけで写真を撮りに行くこともあります。休みを取る際は他職員と相談しながら、業務の引継ぎや休みを順番に取れるようにしているので、休む時は休むことに集中して楽しむことが出来ています。休日を楽しく過ごすことで次の日からの業務も頑張れています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

他職員との協力を大切にしています。業務として、ご利用者の就職活動や日中活動をサポートしています。事業所内外で、ご利用者と一緒に作業をしたり、就活でハローワークに同行したり、地域のお祭りに出店したりと業務が多岐にわたるので、時間調整や業務の引継ぎなどお互いに支え合わないと、ご利用者のサポートができません。それだけでなく困ったときや、判断をしなければならない時、自分一人の知識や経験だけでは考えが偏ることもあるので、意識して他職員と相談してから行動をするようにしています。一人ではできないこともチームで協力すればやっていけると思っています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

人と接する仕事なので、正解がなくてもどかしく思うこともありますが、正解がないからこそみんなでいろいろ考えて、試行錯誤しながら取り組んでいく楽しさがあります。多くのご利用者と関わる中で様々な価値観を知り、これまで「あたりまえ」と思っていたことがそうではないと気付かされることもあります。ご利用者を通して自分を振り返ることができる、これも福祉の仕事の魅力だと思います。

 福祉の星 一覧に戻る