若手職員からのメッセージ575

日々成長していく自分が感じられます。

Weekly福祉の星 林さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事の面白いところは?

答え

一日一日が毎日違うことです。同じ職場に勤務して、生活の流れが同じでも、昨日とは違う人と出会って話し、昨日とは違う子どもの様子が見られることが私にはとても面白くて楽しいです。全然飽きないです。“昨日まで出来なかった事が今日出来た!”この瞬間の感動を味わえるのは、この職業の特権だと思います。たくさんの人と関わることができる福祉の仕事だからこそ、色々な人と会話して一緒に笑ったり、自分には思いつかないアイデアやたくさんの知識を身に付けられる機会がとても多いです。“この本を読んだら喜んでくれるかな~”“今日は○○ちゃんこんな事ができたからお母さん(保護者)に報告しよう!”など毎日わくわくしながら仕事をしています。

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

私はこれ以上に自分に合う仕事はないと思っています。4歳の頃から“保育士になりたい”と思い続けて16年、将来の夢が変わったことは一度もありません。毎日子どもたちと遊んで、思いきり笑って、保護者ともたくさん会話ができて。悩める日もたくさんあるけど、その度に周りの先生方が相談に乗って下さって、たくさん学んで。あたたかい環境の中で、本当にやりがいを感じ、充実した楽しい毎日を過ごしています。これからも私はずっとこの仕事を続けたいです。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

1番は笑顔でいることです。自分から元気いっぱいあいさつをすることです。他のクラスの子どもや先生、保護者にも自分からあいさつすることで、それだけでコミュニケーションがとれます。朝から自分から行うことで自分自身も気持ちが良くて一日すてきな日が送れる気がします。より多くの人と関わることができるきっかけが、あいさつだと私は思っています。他にも、子どもの気持ちを受け止めることや視野を広く持つこと、報連相(報告、連絡、相談)をしっかり行うことなど大切にしていることはたくさんあります。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

毎日、子どもたちの元気いっぱいの「おはよう!!」から一日がスタートします。時には悩める日もありますが、「大丈夫か?」と、周りの先生方に支えてもらい、「せんせい~!」と、子どもたちからもたくさんパワーをもらいながら、日々成長していく自分が感じられます。本当に楽しくてやりがいのある仕事です。 みなさんも一緒に楽しい仕事をしましょう。

 福祉の星 一覧に戻る