若手職員からのメッセージ581

当たり前に出来ることが、どれだけ尊いことかを痛感しています。

Weekly福祉の星 石村さん(株式会社 はぴねすさぽーと)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

自分の祖父母の世話をする親の様子を見ていて、自分にも出来るように学びたいと思い専門学校へ入学しました。 専門学校で学んだことが、実習で実際に行ってみると上手くいかないこともあり座学だけではなく経験も大事だと感じたことを今でもはっきりと覚えています。 そして、実習でスタッフさんやご入居者様と関わるなかでこの仕事をやりたいと感じました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

一般的に、介護の仕事は3K(きつい、汚い、危険)と言われますが、実際の現場では、高齢者が初めにお会いした時よりも元気になられたり、歩けなかった方が歩けるようになったりされる姿などを見たときに、この仕事をやって良かった。また頑張ろうと思えます。当たり前に出来ることが、どれだけ尊いことかを痛感しています。

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

私は、老健からこの有料老人ホームへ転職しました。最初は、仕事の流れやお客様とのかかわり方が違っていて戸惑うこともありましたが今はすごくやりがいを感じています。 こんなに毎日、笑顔で仕事できているのは初めてです。そして、自分自身の価値をこの仕事で見いだせたように思います。 これからもっと経験を活かし、頑張っていきたいと思います。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉業界で働くことを迷っている方は、是非、ボランティアや職場体験でもいいので、現場を見てください。そこには、初めは技術が未熟でも、皆さんの、それまでの人生経験を発揮すれば、喜んでいただけることが、たくさんあることが分かっていただけると思います。この業界で、ともに活躍しましょう。

 福祉の星 一覧に戻る