若手職員からのメッセージ582

ライフスタイルに合っているかを考慮に入れるのも選択肢の一つ

Weekly福祉の星 竹村さん(医療法人 回生会)

※法人情報はこちらからご覧ください

休みは十分にある?

答え

私の勤めている施設では、週休2日のシフト制で、完全ではないですが、ほぼ毎週2日の休みがあるため、適度にリラックスし、自分の余暇時間として利用しています。また、勤務希望を提出する際、3日迄休み希望が出せるので自分の予定に合わせやすい。私個人的には、夜勤明けは必ず休みが固定しており、2連休が取りやすくなっています。これを利用して、夜勤明けから2泊3日の旅行に出かけたりしています。このように、職場選びの際は自分のライフスタイルに合っているかを考慮に入れるのも選択肢の一つだと思います。就職フェアや施設見学の際に濃く聞いていただけるといいと思います。

気になる給与・残業はどう?

答え

給与に関しては、残念ながら他業種と比べると見劣りすると思われます。同窓会などで旧友と給金の話題が出ると周囲より少なく、よくショックをうけます。稀に賃金が当施設より高い求人広告がありますが、出勤日数や勤務時間が長いなど、実労働時間に対する賃金の割合が変わらないことが多いです。私の所属施設では残業が少なく、友人に聞いても羨ましがられます。特に入所の施設では、記録やトラブルなど業務が終わらず、定時で帰れないケースが多いようです。事前のリサーチを行っておくことが重要です。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

私が働くうえで一番大切にしていることは、利用者様に必ず敬語を使うことです。私は高齢者施設で勤務しており、対象の利用者様はもちろん私の何倍以上も生きてこられた方々です。そのような方々に対し粗雑な言葉使いで接するのは何より無礼なため、言葉を崩さないように心がけています。また、自論ですが敬語を使うことで相手を敬うことができます。かの有名な“マザーテレサ”の格言の一説に「言葉に気をつけなさい。それはいつかこうどうになるから」これは全くその通りであり、丁寧な言葉使いでいることで自分を戒め、丁寧な介護ができると思います。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

大変な思いをすると思いますが、やりがいを持って頑張ってください。

 福祉の星 一覧に戻る