若手職員からのメッセージ591

自身のコミュニケーション能力を高めることもできます

Weekly福祉の星 森田さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私は父子家庭で育ち、小さいころから現在もですが祖父母と一緒に暮らしています。もし祖父母に何かあった時、私が力になれれば、恩返しができれば良いなと思ったのが大きなきっかけです。 また私には姉がおり、先に介護の道へと進み、福祉の仕事をしていました。私は昔から負けず嫌いな性格で「姉ができるなら自分にもできる」と対抗心を抱いたのがきっかけでもあります。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

日々の何気ない日常会話で入居者様が笑って下さり、また身の回りのお手伝い等をして「ありがとう」と仰って下さることが一番やりがいを感じます。日々入居者様の状態は違うので、その中で「笑顔」が見られること「ありがとう」と感謝の気持ちを頂けることはこの仕事をしていて良かったと常に感じます。入居者様だけでなく、ご家族様からも「何時もありがとう」との言葉を頂戴するとすごくやりがいを感じます。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

私がこの仕事で大切にしていることは入居者様に笑顔で過ごして頂くことです。日々を過ごされている中で、入居者様の笑顔を見ると幸せな気持ちになり、今日も一日頑張ろうという気持ちになります。また何気ない日常会話の中で、冗談を言って入居者様が笑って下さると嬉しい気持ちになり「次はどんな風にして笑ってもらおう」「何をしたら笑ってくれるだろう」と。常に考えるようになり、自身のコミュニケーション能力を高めることもできます。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

「福祉は大変な仕事でしんどい」とイメージを持たれている、思っている方が多々おられると思います。それはどんな仕事でも同じだと私は思っています。ただ、福祉の仕事は他の仕事に比べて得るものが多く、人として成長できる仕事だと思います。毎日が刺激を与えられる事ばかりなので飽きずに楽しんで仕事をできます。 「ありがとう」と感謝の言葉が飛び交う仕事も福祉の仕事ならではと私は思います。

 福祉の星 一覧に戻る