若手職員からのメッセージ614

支援した結果が良い方向に向かった時は、素直に嬉しく感じ、この仕事の醍醐味だと思います。

Weekly福祉の星 井上さん(社会福祉法人 大原野福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

学生の頃、親や周りの大人の方々に心配させたり、色々と迷惑をかけました。そして、大変お世話にもなりました。自分で言うのもなんですが、人一倍だったと思います。 そんなある日、テレビで「福祉現場の特集」番組を観て、自分も仕事の中で直接的に誰かを助け、支援し社会貢献できたら良いなと思い、高校卒業と同時にこの職種に就きました。

仕事をする上での必須アイテムは?

答え

現場では日々、状況に変化があったり、突発的な事が起こったりしますので、耳に入って来る情報を他職員と共有できるように「メモ帳」と「ボールペン」を常に持って仕事をしています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

ご利用者の思いなどの精神面と疾患、状態変化などの身体面は、いつも気を付けて観察 するようにしています。 また、常に自分自身の健康管理を大切にし、菌やウイルスなどを「持ち込まない、持ち出さない」を意識して、仕事をしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

他職員と一緒に支援した結果が良い方向に向かった時は、素直に嬉しく感じ、この仕事の醍醐味だと思います。それと同時に、何かと苦労も多く精神面での疲労感を感じる職種でもありますので、「ストレスコントロール」を身につけていく努力は必要だと思います。

 福祉の星 一覧に戻る