若手職員からのメッセージ625

直接“ありがとう”と言っていただける、お金だけでないやりがいも感じられるのも、この仕事の魅力だと思います。

Weekly福祉の星 萬井さん(一般財団法人 日本老人福祉財団)

※法人情報はこちらからご覧ください

今どんな仕事をしている?

答え

主に介護現場での排泄介助や入浴介助、ご入居者様がおられる居室の訪室を行っております。訪室した際には何か困り事が無いかなど、世間話を交えながら体調等の様子も伺っております。そのほか、病院受診の付添いやレクリエーションも毎日行っています。 正職員になると直接処遇業務だけでなく、各種係や委員会活動、また行事の担当もします。

休みは十分にある?

答え

休みは毎月10日間、年間で120日あります。加えて有給休暇や特別休暇もあります。休みの希望も出せますので、働きやすい環境だと思います。残業時間は他業種とあまり差はないと思います。 趣味でバイクに乗っているので、希望休を取って遠方までレース観戦に行ったり、同期入社の方と旅行をしたりしています。今年は5~6回出かけてきました。

未経験でもやっていける?

答え

高校は普通科で未経験ですが、卒業と同時に介護業界へ入りました。職場内での研修は、新人研修、技術研修、2年目研修、3年目研修など階層別に実施されています。外部研修は、社会福祉関連の各種機関から頻繁に案内をいただいており、上司と相談のうえ受講してスキルアップを図っています。 介護の仕事は、経験がないと不安に思うこともあるかもしれませんが、一見関係なさそうな分野の知識や、今まで経験してきたことを活かせる場がきっとあるのだと感じます。未経験から始める方も多くおられます。現場に先輩職員が沢山いますので気軽に聞いて下さい。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

私は福祉を勉強せずにこの業界に入り、不安なこともたくさんありましたが、現場の優しく頼れる先輩に支えていただいたからこそ現在まで続けられているのだと思っています。福祉の仕事はどこでも大変ですが、たくさんの人に触れ合えて、経験を積むことのできる仕事だと思います。 直接“ありがとう”と言っていただける、お金だけでないやりがいも感じられるのも、この仕事の魅力だと思います。言葉で伝えられることには限りがありますので、是非この業界で働いて経験してみてください。そして気軽に〈ゆうゆうの里〉へ見学にどうぞ!

 福祉の星 一覧に戻る