若手職員からのメッセージ643

自分のやりたかったことや、やりがいを発見できるかもしれません!

Weekly福祉の星 丸谷さん(社会福祉法人 伏見にちりん福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

もともと人と接する仕事をしたいという思いを持っていました。学生時代に様々なアルバイトを経験する中で、もっと時間をかけてお客様と関わりたいと思っていました。福祉の仕事は一人ひとりとじっくり関わることができると思ったのが、この業界を志望したきっかけです。また福祉の知識は仕事以外の自分の生活にも関わることだと感じ、仕事を通じて学びたいと思ったことも理由のひとつです。

今どんな仕事をしている?

答え

ケアハウスの生活相談員として勤務しています。生活相談員はケアハウスに入居されている方の生活に関わる相談役です。また様々な手続きを代行や、ご家族様や病院など各連携機関との連絡調整等が主な仕事です。その他にもケアハウスに入居希望されている方やそのご家族様のお話を伺ったり、入居の手続きや施設での生活についての説明も行っています。高齢者に関わる法律や法人の運営についても知っておく必要があり、日々勉強の毎日です。様々な人と関わる機会が多く、やりがいのある仕事だと感じています。

未経験でもやっていける?

答え

介護については私も全くの未経験で、祖父母とも同居していなかったので高齢者ともあまり関わりのない生活でした。最初はどんな話をすれば、声かけをすればよいか分からず戸惑うことも多くありました。新人研修で学んだり、現場では先輩職員が声かけの仕方、介助の仕方についてマンツーマンで指導してくださり、徐々に慣れていきました。福祉業界は未経験の方が多く、現場スタッフも一人ひとりに合わせた指導を行ってくれますので安心して働くことができると思います。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉を学んだことがなく、未経験から福祉業界で働くことを不安に感じておられる方は多いと思います。ですが私は福祉の業界こそ、今まで自分が学んできたどんなことも活かせる業界だと感じています。私自身も昔習っていたピアノや趣味の手芸など、小さなことも今の仕事に活かすことができています。今、何がしたいかわからない方も福祉の世界に足を踏み入れてみると、自分のやりたかったことや、やりがいを発見できるかもしれませんよ!

 福祉の星 一覧に戻る