若手職員からのメッセージ655

他の職業でのお客様と店員という関係ではなく、人と人との深い関係性がうまれます。

Weekly福祉の星 杉村さん(社会福祉法人 積慶園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私は一度他職種で働いておりましたが、その際、お客様という表面上の関わりがどうも自分にあっていないのではないかと感じておりました。そのときテレビ等で福祉業界の話題を見て、この職種なら人と深く関わるのではないと考え転職を考えました。 しかし、命に関わる仕事である為、まずは知識が必要なのではないかと私は専門学校に通うことにしました。

福祉の仕事の面白いところは?

答え

様々な利用者と密なコミュニケーションがとれる事だと思います。利用者様は施設で生活されており、職員はその生活に深く関わる事になります。そのため、利用者様との間には、他の職業でのお客様と店員という関係ではなく、人と人との深い関係性がうまれます。私は以前、接客業や事務業をしてきましたがこれほどまでに人と深く関われる仕事はありませんでした。価値観の違い等で意見が合わないこともあります。 しかし、それ以上に分かり合えることはすばらしいことだと私は思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

日々、自分の仕事中の行動を振り返るようにしています。入浴介助は上手く出来たか、移乗介助は問題なく出来たか等々。特に一番考えるのは、利用者様への対応です。深く生活に関わり、長い時間を共にすると、どうしても慣れというものがでてしまい、崩しすぎた言葉を使ってしまう時があります。しかし利用者様は自分よりながく生きてこられた人生の先輩です。親しき仲にも礼儀ありという言葉もあります。そのため、自分の対応を日々振り返り、利用者様と良好な関係性を築けるよう気をつけています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉の仕事はこれからもなくてはならない仕事だと思います。確かに大変な事もあります。命に関わる仕事であり、責任も伴います。しかし、それ以上に利用者様と心を通わせ、共に喜び、感謝していただけるこの仕事はすばらしいものだと思います。これからの時代も福祉の仕事は大切です。一緒に福祉業界で頑張りましょう。

 福祉の星 一覧に戻る