若手職員からのメッセージ661

自分自身も楽しみながら支援をさせて頂きました。

Weekly福祉の星 好川さん(特定非営利活動法人 ゆう・さぽーと)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私が幼い頃、近所に知的障がいを持たれている方がいたのですが、幼いながらに何か普通の人とは違うと感じながらも一緒に遊んでいました。思えばその頃から障がいを持たれている方と接する事に慣れていたのかもしれません。大人になり求職中、障がい者の手助けができる仕事がある事を知り、子供の頃に遊んでいた記憶が蘇りました。自分にも何か少しでも手助けをする事が出来るかもしれないと思ったのが、この仕事を始めるきっかけになりました。

今までに一番心に残っている出来事は?

答え

今までの支援で心に残っている事は、外出支援で利用者さんと様々な場所に行った事です。その中でも忘れられないのが近鉄電車を貸し切りにして、利用者さんとそのご家族などで日帰り旅行に行くイベントがあり、行きかえりの電車の中でみんなと歌を合唱したり、ビンゴゲームなどをしたりした事です。恥ずかしながら忘れかけていた子供の頃の遠足などを思い出し胸が熱くなる思いでした。また、自分自身も楽しみながら支援をさせて頂きました。

未経験でもやっていける?

答え

当たり前かもしれませんが、やる気があれば誰でもできると思います。大切な事はその気持ちをいかに長く持続させるかだと思います。ただ、分かって頂きたいのは決して楽な仕事ではないという事です。私たちの仕事は一般の仕事とは違います。その事によって多くの苦労もありますが、その分やりがいもあります。私も未経験から福祉の仕事に就きましたが、最初は覚える事がたくさんあり大変でした。しかし3か月程して慣れてくると大分楽になったと記憶しています。また、福祉の仕事に就かれる方は未経験の方が多いような気がします。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉の仕事は皆様が想像しているよりも大変な仕事だと思います。ですがそれ以上に楽しい事もあります。興味をお持ちの方がいらっしゃれば是非ご自分に合う職場で、長く仕事を続けていかれる事を願っております。

 福祉の星 一覧に戻る