若手職員からのメッセージ683

仕事をがんばろう。そう思わせてくれるのもお客さまです。

Weekly福祉の星 井末さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

 中学の職場体験でおこなったユニット型の特養は、認知症の方々が大勢おられました。その時に何度も同じ話をする方々に自分が少し問いかけ等を変えれば返答も変わる。そのやりとりをするのがとても楽しかったです。性格もあると思うけど周りの方々にも向いているよと声かけしてもらい、福祉の高校・短大に行き、福祉を職業として選びました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

お客さまに「ありがとう」「あなたが夜勤でよかった」「助かった」とねぎらいの言葉やお礼を言われると、やっていて良かったと思います。  職員さんにも「あなたがパッド交換すると漏れていないし、お客さまも良い気分だと思う」「おむつあてるの上手やね」とお褒めの声かけをしてくださると、もっとがんばろうかなと前を向けます。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

 どんなに忙しくてもしんどくても、少し怒りたい時でも、部屋に入る前に笑顔になることです。顔の表情をすぐ読み取ってしまう方もおられるし、笑顔でない顔(怒る等)は自分だけでなく周りも不愉快にしてしまうから笑顔でいることです。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

もちろん、お客さまの最期までを預かっているのでしんどい時もあります。とても悩みます。  でも、仕事をがんばろう。そう思わせてくれるのもお客さまです。きっと自分にとっても大切な方ができます。  福祉にたずさわりたいと思ってくれるだけでも誇りに思います。一緒にがんばりましょう。大歓迎です。

 福祉の星 一覧に戻る