若手職員からのメッセージ688

毎日の積み重ねの中で出来た!と喜ばれている利用者の嬉しそうな笑顔がやりがいです。

Weekly福祉の星 干場さん(医療法人 回生会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

在宅生活への復帰を目標に一人一人に合ったプランに沿ってどういった事が、その方にとって基礎動作、能力、体力の向上になるのか日々考え、実践しています。また、職員同士で意見を出し合い、少しずつでも元の日常生活に近づけ、出来なかったことが出来るようになる様に支援して、毎日の積み重ねの中で出来た!と喜ばれている利用者の嬉しそうな笑顔を見たとき、とてもやりがいを感じます。

今どんな仕事をしている?

答え

 基本的に入所されている利用者の日常的なケアを行っています。身の回りのお手伝いから起床介助、入浴、食事、トイレ、更衣などの介助をしています。また、日中は、利用者に楽しんでもらえるように体操、歌クラブ、習字クラブなど、月によっては桜や紅葉を 見に外出したり、買い物をしたりといったレクレーション活動を行っています。

未経験でもやっていける?

答え

入職した当初、何をすれば良いのか分からず、慣れない仕事ばかりで、不安一杯でしたが、直属の先輩が教育係としてついて下さり、「まずは不安でもやってみないと身につかないよ」という言葉を貰い、実施し、アドバイスを受け、ダメな所を治し、繰り返すことによって自分でも出来るという自信が付きました。今ではこの仕事がとても楽しく感じます。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

これから大変な事も一杯出てくると思いますが、自分が何をしていきたいのか、やりがいを見つけ頑張ってください。

 福祉の星 一覧に戻る