若手職員からのメッセージ693

一緒に暮らしていたらこんなに時間が経っていたという感じです。

Weekly福祉の星 三原さん(医療法人 三幸会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

就職活動をしている際、福祉の職場の仕事内容等の紹介頂く機会がありました。 ご説明いただいた方の、高い志や、熱意にすごく感動し、自分の生きる場所はここだ! と決心しました。

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

私が今の施設で働き始めて8年目になりました。何年続けるぞ!とかいう目標こそありませんでしたが、施設入所者の方と大切な時間を共に過ごし、一緒に暮らしていたらこんなに時間が経っていたという感じです。 入所者様の生活を支援することが私の仕事ですが、それが単なる作業でなく、楽しいことも苦しいことも一緒に体験でき、分かち合うことができるのが、この仕事の一番の魅力でもあり、この気持ちをずっと大事に仕事(暮らして?)行きたいと思っています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

福祉の仕事は、狭い世界の仕事だと思われがちですが、非常にクリエイティブで、身の回りの介助をするだけじゃなく、いかにその人の人生を充実させていくかを考える仕事だと思います。「危険だからあれをやったらダメ、これもやったらダメ」で終わらせてはいけない。もしも危険があるならそれを取り除けばいいだけですから。どうやったら本人の思いや希望を最大限に叶えられるのか考えること。常にそれを心がけ大事にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

まず自分が就職して驚いたのは、「こんなに楽しい人たちが働いているのか」ということ。学生時代は、介護職の方に対して、「自分のプライベートを犠牲にしても人に尽くすような、とにかく真面目な人たちなのだろう」というイメージがありました。しかし、「働くときはプロフェッショナル、遊ぶときには思いっきりはじける」という人もかなり多く、いい意味でのギャップを感じました。仕事には熱く燃えて、オフの時は思いっきりはしゃげる環境がありますよ。

 福祉の星 一覧に戻る