若手職員からのメッセージ696

笑顔や「ありがとう」の言葉に元気をもらえる仕事です。

Weekly福祉の星 西川さん(社会福祉法人 利生会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

高校一年生の時に社会福祉体験、高校三年生の時に授業の一環で現在の職場で実際に利用者様と関わらせてもらう機会があったことと、母親が障害者福祉の仕事に携わっていたことです。身近なところにいつも福祉の仕事があり、実際に利用者様と関わらせてもらったことで自然と福祉の道を選んでいました。

福祉の仕事の面白いところは?

答え

利用者様の笑顔を見ることができた時、「ありがとう」と言っていただけた時にやりがいを心の底から感じます。また、連休の後に出勤した時に「あなたの顔見れないと寂しわ」など利用者様から声をかけていただいた時に信頼関係を築くことが少しずつできているのかなと思え「この仕事をやってよかった」と思います。

仕事をする上での必須アイテムは?

答え

 ボールペン・メモ・ノートです。 利用者様の状態、介助方法や対応の変更など職員間で情報共有することがたくさんあります。忘れないようすぐにメモを取り、ノートにまとめるため常に持っています。また介護の仕事は「記録」も大切なので、利用者様の様子で気になることがあればメモを取り、記録に反映するようにしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

 「しんどい」そう思われる方が多い仕事だと思います。確かにしんどい面もありますが、それ以上に利用者様の笑顔や「ありがとう」の言葉に元気をもらえる仕事です。マイナスなイメージに捉われず、福祉の仕事に一歩足を踏みいれてみてください。

 福祉の星 一覧に戻る