若手職員からのメッセージ719

笑顔でこの扉を開いて見てください。

Weekly福祉の星 大栗さん(医療法人社団 育生会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

大叔父の湯灌に携わった事が、福祉の仕事を選ぶきっかけとなりました。幼い頃に可愛がってくれた大叔父の最後の姿に触れた時、人の老いに向き合える仕事に就きたいと考えました。 接客・販売でお客様の前に立つ立場から、今度は陰となり縁の下の力持ちとして、社会にお役に立つ事が出来るのは福祉の仕事しか考えられないと実感しました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

私より若い方から、母の年齢に近い方まで幅広い年齢層のスタッフに囲まれて仕事をしています。我が家ではなかなか教わる機会が少なかった家事(料理・掃除・洗濯等)を、利用者様の日常の生活のあらゆる場面を支える事で、私たちスタッフも一丸となって成長出来る事、利用者様の過ごされる時間を共有できる喜びに日々の遣り甲斐を実感しています。

前職と比べてどう?

答え

決して華やかとは言い兼ねますが、「ありがとう。」という言葉の意味を、より深く染み入る事が出来る業界だと思います。私はかつて接客・販売に携わり、お客様から「ありがとう。」の言葉、自分の日々の成長を導いて下さる先輩スタッフに伝える「ありがとう。」の言葉、育成に関わった新しいスタッフの「ありがとう。」の言葉。「ありがとう。」の真意を実感しています。前職では得ることが出来なかった喜び、成長は現職、介護職ならではです。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

この業界に関しては未知な事が多いのですが、社会人として得られる経験値は、他のどの業界にも引けを取らないと思います。 福祉業界の扉の前に立っている皆さん‼ 笑顔でこの扉を開いて見てください。利用者様が皆さんの登場を心待ちしていますよ‼ 私達と一緒にこの業界を愉しんで盛り上げていきましょう‼

 福祉の星 一覧に戻る