若手職員からのメッセージ734

どんな分野が合うのか、いろんなところに見学したりして探してみてもいいかもしれませんね

Weekly福祉の星 鵜川さん(社会福祉法人はるの里)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事の面白いところは?

答え

知的・身体障害のある方たちと日中一緒に過ごしています。 生活上、大変なこともある方たちが多いですが、そこを少しお手伝いすることで普通に楽しく過ごせます。また、おしゃべりが好きな方、絵を描くのが好きな方、本を読むのが好きな方、マッキー(ペン)を1本ずつ立てて並べる方、お札でも書類でもなんでも紙を破るのが好きな方…いろんな個性をもっている方が多くて毎日が面白さでいっぱいです。自分の感情をうまく表に出せない方もいて、そんな方たちが本当はどんなことを考えているのか、望んでいるのか…そんなことを考えるのも楽しさのひとつですね。

休みは十分にある?

答え

当施設は、日中の生活介護の施設なので、泊まりの仕事は今のところありません。なので、土・日・祝日は事業所自体が基本的に休みです。(第1・第3の土曜日は昼まで職員会議) また、泊まりがないので、業務時間は17時までとなっており、遅くても18時、19時には自宅に帰れています。 休みは十分に取れていて、休日は趣味に時間を当てることができます。平日でも、夕方から時間を作って遊ぶことができています。ちなみに私の場合は、がっつりゲームがしたいのですが、保育園に通う子どものお迎えなど育児で全く時間がないのが最近の悩みです。

未経験でもやっていける?

答え

募集している施設にもよると思いますが、私の場合は未経験でも全く問題なく過ごせています。ちなみに、大学は物理学を専攻していて、力の在り方や宇宙について勉強していました(笑)。福祉に限らず、どの分野の仕事に就いたとしても始めはわからないことだらけだと思います。私も知らない障害、知らない制度など、仕事し始めはさっぱりでした。それでも、1年目よりも2年目、3年目と続けることでわかること、見えてくることがたくさんありました。何事もそうですが、わからないから不安やしんどさがあると思います。私の場合は「ゲームで詰まったらすぐに攻略を見る」この癖があったので、なにかわからないことがあったらすぐにグーグル先生にたずねたりして知識を深めました(笑)「少し続けてみる」「ググる」これで大抵いけます。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

「福祉」の中には、障害、高齢、保育…などいろんな分野に分かれています。私は「障害分野」が自分にピッタリ合ったので、ここまで楽しく続けられています。どんな分野が合うのか、いろんなところに見学したりして探してみてもいいかもしれませんね。

 福祉の星 一覧に戻る