若手職員からのメッセージ743

介護業界は日々勉強ですが、とてもやりがいのあるお仕事です。一緒に頑張っていきましょう。

Weekly福祉の星 廣岡さん(社会福祉法人 芳梅会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私が大学で理学療法士について学んでいたとき、4回生の総合実習で高齢者の方と関わりを持ち、自分が失敗した時や困っている時に笑顔で励ましのお言葉を頂きました。また、利用者様が帰られる時に笑顔で「さようなら」や「また明日ね」と言って下さりとても元気が出ました。その時、将来高齢者施設で働き、今度は私自身が利用者様に笑顔を与え、元気になって頂きたいと強く感じました。

未経験でもやっていける?

答え

私は大学まで福祉関係とは違う分野を勉強していましたので、入社が決まった時は、楽しみな気持ちももちろんありましたが、正直不安の気持ちの方が強かったです。しかし、入社すると、先輩職員に一からとても丁寧に教えて頂きました。分からない所は後回しにせずその時にその場で聞く事も出来た為、今の成長につながったと考えています。2年目の現在でも分からない事や工夫しないといけないこともありますが、日々違った変化にも気付き少しではありますが対応できるようになってきました。

将来の夢や目標は?

答え

現在、2年目ということもあり資格は何もありませんが、まずは来年、介護福祉士の資格の修得を考えています。その為に日々経験や介護技術の向上に努めています。また、たくさんの経験を積むことでそれらの経験を新人の職員にも伝えていけるように積極的に新人への指導係に挑戦したいと考えています。そして最終的にはケアマネージャーの資格にも挑戦し、利用者様に寄り添い、その方に合ったケアプランを考えたいと強く考えています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

現在、超高齢者社会と言われており、これから先益々介護業界は発展していくと考えられています。介護をしていく中で利用者様の最期を共に過ごす事はとても幸せな事です。利用者様と近くで寄り添い、介護する事によりその方の人間性や価値観も自然と見えてきます。利用者様が毎日安心・安全に暮らし、1日でも多く笑顔で長生きして頂く為、暮らしやすい環境を作る事が介護士の1番求められる事だと考えています。介護業界は日々勉強ですが、とてもやりがいのあるお仕事です。一緒に頑張っていきましょう。

 福祉の星 一覧に戻る