若手職員からのメッセージ754

是非これまでの自分の生き方に自信を持って、前向きに取り組んでください

Weekly福祉の星 福田さん(社会福祉法人 舞鶴学園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私の夢は昔教師になることで、そのため大学も教育系の大学に進学しました。その進学した大学のサークルの一つに、児童養護施設で暮らす子達の学習支援を行うサークルがあり、そこでの活動が児童養護施設、はたまた福祉の仕事を選ぶきっかけになりました。そのサークルでは、学習支援ということで子ども一人ひとりに付き添いながら勉強を教えていましたが、勉強を教えるだけではなく、一緒に身体を動かしたり、施設の行事に参加したりと様々なことに一緒に取り組ませてもらいました。そこでの活動を通して、子ども達一人ひとりに寄り添う大切さ、子どもの成長を長く身近で見れる喜びを実感し、今の道を志すこととなりました。

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

続けていきたいと思っています。日々の暮らしを通して、子どもの成長を実感できるのは、とてもやりがいを感じることですし、何より自分のことのように嬉しいです。そして、その成長を間近で見てきて、これからの成長も子どもに寄り添って見て行きたいと思っています。また、子ども達と関わっていく中で、自分も同じように成長していると感じています。これからも、子ども達一人ひとりに寄り添うことを大切にしていきながら、子どもと共に成長する大人として、この仕事を続けていきたいです。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

どんな時も子ども一人ひとりに寄り添うことと、笑顔を大切にしています。施設に来る子達は、一人ひとり様々な思いを抱えています。その思いに気付くためには、まず寄り添うことが大切だと思っています。私達の仕事は、大人対子ども、子ども対子ども、大人対大人、様々な人と人との関係や繋がりで成り立っています。その人と人との繋がりにおいて、笑顔が及ぼす影響はとても大きいものだと思っています。笑顔が溢れる繋がりは、人にとって、とても居心地の良いものになると思いますし、それを経験した子ども達は、そういった繋がりを自ら作っていくことができるようになると考えています。ゆえに、笑顔を私は日々、大切にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉業界は、職種によって対大人・対子ども等といった差異はありますが、人と人との繋がりを大切にするという点では、大きく一緒だと思っています。人と人との繋がりを大切にするということは、自分のこれまでとこれからの生き方が、仕事に直接関わってくることだとも思っています。そこには、とてもやりがいがありますし、自分も人として成長していると実感できます。福祉業界での就職を目指されている方は、是非これまでの自分の生き方に自信を持って、前向きに取り組んでください。

 福祉の星 一覧に戻る