若手職員からのメッセージ759

ご利用者と心が通じた瞬間、何物にも代えがたい喜びを感じ「ああ、この仕事は天職だな」と思いました。是非、一緒に働きましょう!

Weekly福祉の星 山形さん(かんでんライフサポート株式会社)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

自身の親を介護していた時、その時は自分のできる精一杯をしましたが、振り返れば「もっとできることがあったのではないか」という思いが沸き上がりました。介護を学ぼうと思い初任者研修講座を偶然このホームで受講して、とても魅力的な職場だと感じたのでそのまま就職しました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

ローズライフ京都では、皆が“ご入居者のために”と同じ方向を向いています。介護、看護、リハ職など、それぞれがプロの目線で、どうすれば良いかを議論し、実践して、結果としてご利用者の笑顔につながる。とても面白くやりがいがあります。尊敬できるスタッフがいることも刺激になっています。それぞれが得意な分野を持っており、フォローし合える関係で、もっと学びたいという気持ちになります。

未経験でもやっていける?

答え

以前は、塾の講師をしていました。初任者研修を取得して、未経験で入職しましたが、集合研修とOJTで順序立てて丁寧に教えてもらえました。学ぶ気持ちがあれば、介護の経験をしたことがなくても大丈夫です。介護の仕事は、腰痛が職業病と聞いていたのですが、当ホームでは、持ち上げない・抱え上げないノーリフティングケアをしているので、腰痛になったことはありません。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

日々、ご利用者から学ばせていただく本当に奥深い仕事です。お一人お一人に向き合う仕事であり画一的でない分、難しさとそれ故のやりがい・喜びがあります。私自身、ご利用者と心が通じた瞬間、何物にも代えがたい喜びを感じ「ああ、この仕事は天職だな」と思いました。是非、一緒に働きましょう!

 福祉の星 一覧に戻る