若手職員からのメッセージ775

自分なりのやり方、生きがい・やりがいを一緒に見つけていきましょう!

Weekly福祉の星 水野さん(特定非営利活動法人 水度坂友愛ホーム)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

母がデイサービスで働いており、職場体験や行事のお祭りに参加し、こんな楽しく皆笑顔な仕事があるのかと思ったのが最初のきっかけです。その後介護の勉強をし、実習を通して「もっと勉強したい」「色んな事を利用者様に教えてもらいたい」と思い福祉の仕事へ進むことを選びました。

今までに一番心に残っている出来事は?

答え

今の部署に異動して半年で経験させて頂いた、看取りです。勉強してきたのに、いざその時になると頭が真っ白になり、学んできた知識など殆ど飛んでしまっていました。それでも、最期の時は「ありがとうございました」「ゆっくり休んでください」と落ち着いて話しかけることが出来ました。今でもその時の事は忘れられません。だからこそ、そこで学んだ事、思ったことを今後に活かしていこうと思っています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

「他職種連携」です。介護士・看護師・その他専門職が協力していくことが大切なので、お互いに利用者様を中心に考え意見交換が出来るよう心掛けています。介護の専門職と医療の専門職。お互いの分野からの視点でケアを行なえるよう、普段からのコミュニケーションも大切にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

「福祉の仕事=介護」と思われる方が多いかと思いますが、福祉は介護だけではないので、福祉の中でも沢山の分野を選ぶ事が出来ます。ですので、看護は向いていなかったけど、障がい・児童・行政は向いていた、という事があるかもしれません。色々な事に挑戦できるので、やりがいを見つけやすい仕事だと思います。自分なりのやり方、生きがい・やりがいを一緒に見つけていきましょう!

 福祉の星 一覧に戻る