若手職員からのメッセージ790

たくさんの笑顔が溢れる職場です

Weekly福祉の星 宇都宮さん(医療法人社団 洛和会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

生活相談員は内部・外部の横のつながりを大切にして入居までの一連の流れをサポートしていきます。面談の中で入居者さんやご家族それぞれの考え方に寄り添い、共に考えていくことで、少しでもニーズに合ったものを提案できたときはやりがいを感じます。また、入居された後も継続して支援していくことで、入居者さんやご家族と深いつながりを築くことができるところが魅力的です。

未経験でもやっていける?

答え

私は2つの施設を経験していますが、どちらの施設でも共通して「人を育てる環境」があると思いました。さまざまな研修やお姉さん制度(※)などもあるので、未経験であっても丁寧に教えてくださります。アットホームな雰囲気の中にも、先輩後輩がお互いに声を掛け合ったりしながら常に相手を意識して仕事に取り組む姿勢を多く見ることができるかと思います。そして、入居者さんや職員などのたくさんの笑顔が溢れる職場です。 ※洛和会ヘルスケアシステムではプリセプター制度の名称を、「お姉さん制度」としています。

将来の夢や目標は?

答え

介護職だった時の経験もふまえ、生活相談員として知識の幅を広げていき、社会資源をうまく活用できるようになりたいです。そして、それをさまざまな対象の方それぞれに適したものを伝えていけるような人になることが目標です。また、より多くの方に安心して「この施設で良かった」と、思っていただくことができるような関係性を築いていけたらうれしいと思います。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

就職活動中はさまざまな企業をたくさん見て、聞いて、感じてほしいと思います。実際に働いている方と 直接関わることで見えてくるものもあり、イメージが湧きやすいものです。時として周りの声などに心が揺らいだり悩んだりすることはあっても、自身の軸だけはしっかりと持ちながら進路を決めていってほしいです。その中で、皆さんといつか一緒に仕事ができればうれしい限りです。納得のいく就職活動になることをお祈りしています。

 福祉の星 一覧に戻る