イチオシ職員からのメッセージ796

やりがいや安定性、他では味わえない多くの魅力に満ちた仕事

福祉の星 福本さん(社会福祉法人 市原寮)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

最初は介護施設で働いていた伯母の勧めでした。高校生になる私に「あんたは向いてるかもよ」と言ってくれた言葉で福祉とはどんな仕事なのかと調べ始め、興味を持つようになりました。福祉の専門学校に入り、さらに詳しく知識や現場などを知るにつれ、その仕事の深さを知り、それが面白く、やりがいがあり、そして難しいと思うようになりました。あとは、自分が感じたその魅力にひかれるがまま、介護福祉士という仕事を選んでいました。

福祉の仕事の面白いところは?

答え

ご利用者様一人ひとりのプランを考えるのがとても面白いと感じています。この方にはどういったことが必要なのだろうか、この方はどういったことをすれば喜んでくださるだろうか、この方はどうすれば過ごしやすくなられるだろうかなど、様々なことを考え実行してみることがとても楽しいです。なかには考えが合わないときもありますが、それを踏まえてプランを考え、それがその方に適したときの達成感は忘れられないものです。また、プランを考える際の情報をご利用者様の生活の中から探すことも私は面白いと思っています。

休みは十分にある?

答え

休みは十分にあると私は思います。決まった日の休みではありませんが、週に2日は必ず休みがあり、月の休みは9日から10日はあります。休みの日の希望も出しやすく、予定も立てやすいと思っています。休みの日は家でのんびりしたり、友人と遊んだりしています。旅行などでまとまった休みが欲しい際も前もって言っておけば問題はありませんでした。私はそれで海外旅行にも行けました。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

世間ではキツイ仕事というイメージが強いと思いますが、感じ方は人それぞれだと思います。仕事である以上キツイことはあります。ですが、他の仕事では味わえない達成感や考え方など多くの魅力があります。給料の面を心配する方もいらっしゃると思います。今の世の中はとても厳しいものとなっていますが、私はお金の面で何も影響を受けていません。むしろ増えました。それは福祉という仕事が世間で求められているからだと私は思っています。こうしたやりがいや安定性、他では味わえない多くの魅力に満ちた仕事であると私は感じています。

 福祉の星 一覧に戻る