若手職員からのメッセージ813

大切にしている事は、話を聞く姿勢です

Weekly福祉の星 齊藤さん(社会福祉法人 フジの会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

福祉の仕事の醍醐味(やりがい)は、メンバー様の生活に寄り添うことができるところです。メンバー様の悩みに対してどうしたら解決できるのか一緒に考えたり、時にはご家族や関係者間と相談しながら、メンバー様にとってより良い生活を送っていただく為に何ができるのか考えることが醍醐味です。でもなかなかうまくいかなかったり、考えが煮詰まることもありますが、他の職員等の協力も得ながら支援方法を考えています。 事がうまくいった時は本当に嬉しいですし、メンバー様から「ありがとう」と笑顔で言って頂けた時は、お力になれて良かった、この仕事をしていて良かったと働きがいを感じます

今どんな仕事をしている?

答え

モーツァルト七瀬川つつみは、グループホームと就労継続支援B型が併設されている施設となっています。 グループホームでは生活支援(掃除や洗濯のお手伝いや助言等)や相談事をお聞きしたりしています。B型では作業した商品の検品や納品を行ったり、メンバー様の希望に合わせて他事業所の見学等も行っています。また個別支援計画の作成や行事の企画等もしています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

大切にしている事は、話を聞く姿勢です。メンバー様の話の内容は様々で、日常会話から相談事までいろいろありますが、どのような話でもきちんと話を聞き、気持ちを受け止める事を心がけています。話を聞く事は簡単なようにも思えますが、メンバー様の気持ちが少しでも軽くなったり、信頼関係の構築に繋がると思うので、仕事の中ですごく重要だと思っています。私もこれからもどんどん話を聞く力を身につけていきたいと思っています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉の仕事をする事に不安を感じる方もいると思います。私自身、福祉系の大学に行っていましたが、福祉現場の事はあまり知らず、うまくやっていけるのか不安に思っていました。ですが、上司や先輩職員が一つ一つ丁寧に教えてくださいますし、困った事があれば一緒に考えてくださいます。力強いサポートのおかげで、一人で悩みを抱えた事はなかったですし、楽しく仕事ができています。 福祉の知識や経験がなかったとしても、福祉の仕事がしたいという気持ちがあれば十分にやっていけると思います。 ぜひ福祉職員として一緒に頑張りましょう。

 福祉の星 一覧に戻る