若手職員からのメッセージ827

仕事をする上での必須アイテムは、メモ帳です。

Weekly福祉の星 渡邉さん(社会福祉法人 青谷福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私が福祉の仕事を選んだきっかけは、人の役に立つ仕事をしたいと考えていたからです。大学で福祉という分野に出会い、様々な人との関わりを通してその人の心に寄り添った支援をすることに関心をもち、学んだことを実際の福祉現場で活かしていきたいと思い、現在の職場で働くことを決めました。

仕事をする上での必須アイテムは?

答え

仕事をする上での必須アイテムは、メモ帳です。最初は分からないことばかりで覚える事がたくさんあります。その為、様々な介助場面で色々なことを教えてもらい、その都度メモをとる癖付けをしています。どんな事でも疑問に思ったことはできるだけその場で先輩に聞き、いつでも確認できるよう忘れないうちにメモをしておくことで、スムーズに仕事を進めていけるので非常に役立っています!

未経験でもやっていける?

答え

新卒採用で介護経験は全くないところからのスタートでした。大学の講義では実際の介護技術についてはほとんど触れていなかった為、仕事では初めて経験することばかりで大変な部分もありましたが、先輩方のサポートもあり少しずつ着実に身に付けていけるように、意識して取り組むことができたと感じています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

介護職といえば大変な仕事、というイメージが強いですが、その分やりがいを感じられる職種でもあります。現に、福祉業界での人手不足など様々な懸念がされる中、若手職員の存在は大変貴重となります。特に、人との関りが大切な仕事でもあるので、誰かの為にサポートをする仕事をしたいという強い気持ちがある方は是非、福祉業界を目指してみてください。

 福祉の星 一覧に戻る