若手職員からのメッセージ830

一歩駆け出し前へ進んでほしいと思います。

Weekly福祉の星 酒井さん(社会福祉法人 健光園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

以前は看護師になる為に看護の学校に通っていましたが自分自身が想像していた世界と違い挫折を経験しました。私は通学していた当初から高齢者と関わることが好きであり手助けする仕事をしたいと考えていた為、福祉の道に進みました。実際に仕事をする上で職種の違いを改めて感じ業務内容も違うけれど、直接入居者さんと関わり、生活を支える仕事としては自分自身が好きな仕事だと感じています。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

高齢者福祉は高齢者と関わる仕事である為、身近に生死に触れる職業であると感じています。元気に会話しご飯を食べられていた人が徐々に体力が落ちていき亡くなられる場面を経験する中で私は、後悔の無いように入居者さんと関わらせて頂きたいと考えています。 亡くなられた人の最後の支援、エンゼルケアを経験し穏やかに微笑まれている様な表情はとても心に残り、これまで関わり寄り添うことができて良かったと実感しています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

福祉の仕事は日々の入居者さんの生活を支える仕事であり、主に食事、入浴、排泄等の介助が大切だと感じていました。 しかし、入居者さんは私たちと変わらない意思、感情をもっておられ、一人ひとり、性格や性別も違う為、仕事をする上で入居者さんの想いを大切に、信頼関係を築ける関わりを継続していきたいと思っています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

実際、働いてみないとわからないことは数々ありますが、高齢者と関わることが好きな人、人とのコミュニケーションが好きな人、福祉の仕事に興味がある人は、一歩駆け出し前へ進んでほしいと思います。

 福祉の星 一覧に戻る