イチオシ職員からのメッセージ866

嬉しい事が多い仕事だと私は思います

福祉の星 松本さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私は高校の頃から福祉業界に少し興味がありましたが、その時はまだ本格的に福祉を学ぼうとまでは思ってなく、高校が進学校だったこともありそのまま大学へ進学しました。しかし、大学時代アルバイト先でご高齢の方の介護をする機会があり、その時言われた「ありがとう」の言葉が忘れられず、就職の際、全く福祉の知識もない状態で福祉の世界へ飛び込みました。働いた当初は分からない事だらけでたくさんミスもしたし、怒られたりもしたけど、技術や知識を得る度にどんどん楽しいと感じ、今では本当に充実した毎日を過ごしています。改めてこの世界に飛び込んでよかったなと思います。

休みは十分にある?

答え

シフト制ですが、希望の日に休みも取れますし、年次有給休暇や連休も取れるので友達とも予定が合わせやすいです。また、夜勤明けの次の日は休みである事がほとんどなので、体も十分休めます。私の場合はというと、夜勤明けの日は少し夜更かしをして、次の日は遅くまで寝ている感じですね。カフェ巡りやカラオケも好きなので、他の休日では友達と新しいカフェを開拓したり、カラオケに行ったりして遊んでいます。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

私が仕事の中で大切にしていることは、相手の立場になって物事を考え、相手の気持ちいいと思ってもらえるような対応をするということです。職員がご利用者の事をよく見ているように、ご利用者も職員の事をよく見ています。誰から見ても言葉遣い・声色・表情が気持ちいいと思ってもらえるような対応ができるようにと心がけています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

介護は大変な仕事とよく言われます。確かに働いていて大変な時もありますけど、それ以上に嬉しい事が多い仕事だと私は思います。ご利用者と1日1日関わる度に、ご利用者の新たな一面を知る事が出来たり、素敵な笑顔に出会えたりと、ご利用者からいつも元気をもらっているなと常々感じます。私は1度介護施設から離れて、その時の楽しさが忘れられず、また介護施設に戻ってきたので、福祉に少しでも興味のある方は、ぜひ1度福祉の世界に足を踏み入れてほしいと思います。

 福祉の星 一覧に戻る