イチオシ職員からのメッセージ870

介護士になってよかったと思っています

福祉の星 松江さん(有限会社 パイン・コーン)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

同じ病気や認知症でも、性格や生活歴、育った環境等によって全く違い、日によっても変化はあるので毎日気付きがあります。なので日々勉強で成長に繋がり、力がつく事でよりよいケアを利用者に提供できるので、とてもやりがいを感じます。また、看護小規模多機能なので、介護士や看護士、PTといった多職種連携で利用者をみれるので、個別ケアもしっかり出来るのが素晴らしいなと思います。

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

利用者と関わっていると、些細なことでも「ありがとう」等といった感謝の言葉や、労いの言葉をかけて下さります。その言葉からはたくさんのエネルギーを貰い、それが僕にとって「もっと頑張ろう!」という原動力に繋がります。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

介護の仕事をしている上で大切にしている事は、感謝の気持ちを持つ事です。ただただ作業のように関わるのではなく、自分に成長の機会を与えてもらえたり、エネルギーをもらったり、助けてるようで自分自身も助けてもらってるので、感謝の気持ちを持ち続けようと取り組んでいます。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

今後、団魂の世代が後期高齢者となり、福祉業界の人材がもっと必要になります。よく介護は3Kなどとマイナスなイメージがありますが、利用者と関係性を築けたりと密接に人と関われるので、とてもやりがいあるなと思います。僕自身も、マイナスなイメージがあったり、自分にできるのか?と不安ありましたが、それ以上に楽しいことがあったり成長を実感できるので、介護士になってよかったと思っています。

 福祉の星 一覧に戻る