イチオシ職員からのメッセージ886

想いに寄り添った支援をすることで、信頼関係を構築していきたい

福祉の星 清水さん(社会福祉法人 福知山学園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事の面白いところは?

答え

利用者様との関わりの中で、相手の立場に立って考え行動することです。会話の仕方、伝え方など個人に合わせた支援ができているかどうかを考えながら、想いに寄り添った支援をすることで、信頼関係を構築していきたいと思っています。様々な面で客観的に物事を見る必要があり毎日意識して行動することで、自身の成長が実感できるところがやりがいでもあり面白いところだと感じます。

仕事をする上での必須アイテムは?

答え

自分のすべきことを明確にする為のメモ帳とペンです。通常の業務をする中で、業者発注や利用者様の対応など、業務が重なってくる際に優先順位を組み立て整理することで作業効率が良くなると考えています。また、利用者様の変化や情報を逐一メモすることで忘れることなく業務に集中できます。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

メリハリをつけて効率よく業務を行うことで時間を有効活用し、心に余裕を持つことで焦ることの無いように気を付けています。時間に追われる時や焦った状態で仕事をすると適切な支援が出来ないことがある為、職員都合の支援を利用者様に押し付けることのないように余裕をもって行動することを大切にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

未経験の方でもコミュニケーションが好きな方や接客・接遇をお仕事にされてきた方は上手に利用者様と関われるのではないかと思っています。一般の福祉業界のイメージは「大変」というイメージがありますが実際に現場に入ってみるとそうでもないことが分かりますし、福祉の経験だけでなく色々な分野で自分自身の経験が活かせる職場だと思います。興味がある方はチャレンジして経験されてみてはどうでしょうか?応援しています。

 福祉の星 一覧に戻る