イチオシ職員からのメッセージ890

やりがいは子どもの成長を近くで感じられること、そしてその成長を保護者の方と分かち合えること

福祉の星 辻さん(社会福祉法人 宇治福祉園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

やりがいは子どもの成長を近くで感じられること、そしてその成長を保護者の方と分かち合えることです。視線が合った瞬間、指さしで何かを訴えてくれた時、言葉が出てきた時など、児童発達支援という仕事で子ども達と関わっていると子どもの成長を間近に感じることができます。「こんな姿でしたよ」と保護者の方と喜びを共有できることも“うれしいな”と思う瞬間です。

今どんな仕事をしている?

答え

私は障害児通所支援事業所で働いており、発達がゆっくりな就学前の子ども達の支援活動をしています。子ども達の発達段階に合わせた様々なあそびの中で、運動やコミュニケーション、生活に必要な力を付けられるように支援していきます。支援と言っても、職員も子ども達と一緒に全力であそびます。一緒にあそぶ中で子どもの課題の部分を見つけ、その子に合った言葉かけ、働きかけをしていきます。

しんどいことはどんなこと?

答え

支援内容を書いた計画書をはじめとした様々な書類制作に悪戦苦闘しています。パソコンが苦手で思っていることを文にするのが苦手な私にとって、とても時間がかかって締め切りぎりぎりなんてことも少なくありません。でも、先輩方と「あーどうしよー!」「かけへーん!」とか言いながら、しんどいことも笑いながら乗り切っています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

高齢、障害、児童など福祉と言っても色々なお仕事があります。私も就職フェアや説明会などにたくさん参加し、今の職場に決めて子ども達と関わっています。しんどいこともありますが日々やりがいを感じながら働き、この仕事を選んでよかったなと感じています。福祉のお仕事はやりがいをたくさん感じられるお仕事だと思います。自分が「やりたい!」と思う仕事を見つけられるように頑張ってください。

 福祉の星 一覧に戻る