イチオシ職員からのメッセージ893

働きながら感じる新たな刺激や学びが多く「楽しい」

福祉の星 中林さん(社会福祉法人こころの家族)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

大学で臨床心理を学び他者との関わりに楽しみを感じて、実習などで現場の業務の流れなども知り福祉の相談員のお仕事に興味を持ちました。働きながら感じる新たな刺激や学びが多く「楽しい」と思ったのもきっかけの一つです。

今どんな仕事をしている?

答え

現在、ショートステイとデイサービスの相談員を兼務しています。主にはデイサービスの相談員として送迎業務、生活支援(食事介助、入浴介助、排泄介助など)、利用者さまやご家族からの相談を受け各種調整を実施しています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

日々、職員間でコミュニケーションを充分とるように心がけています。日々の何気ない会話から利用者様への対応のアイデアや気づきを拾うことができることもあり、いつもと変わらない様子であってもその日の利用中の情報を共有し確認を行うようにしています。職員間の連携が円滑であるかどうかがそのまま利用者様に伝わることも多く、いつも質の良いサービスが提供できるよう工夫が必要だと感じます。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

一般職と比較して福祉の仕事は心身共に辛いことも多く、皆さんが持っておられるイメージに近しい現状もありますが、人と人との関わりが好きな方ならきっとやりがいを感じることのできる仕事だと思います。それぞれの事業所の方針や特色を感じて、ご自身に合った現場を見つけることが一番の近道かと思います。

 福祉の星 一覧に戻る