イチオシ職員からのメッセージ897

日々「ありがとう」という気持ちを持つこと

福祉の星 谷村さん(社会福祉法人 京都基督教福祉会 介護老人福祉施設シオンの里)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

御利用者様は良くも悪くも正直だと思います。 僕たち職員の関わりやケアに対して笑ったり怒ったり感情を表現されます。 これは、僕たちの行ったケアを御利用者様が評価して下さっていると僕は捉えています。 ケア中に感じる自分自身の感覚を大切に御利用者様の小さな変化や様子、表情などに気づくことができるよう観察をするようにしています。 日々、体調や気分には変化がありますが、御利用者様の思いを考察し、実践することで少しずつニーズの実現に近づくことができればと思っています。また、御利用者様個々に必要なケア、関わりを考える事が楽しみでもあり、僕のやりがいの一つでもあります。

未経験でもやっていける?

答え

僕は同法人の専門学校を卒業後、シオンの里に入職しました。 人それぞれ、さまざまな道をたどり福祉業界に就職すると思いますが 誰しも皆始まりは一緒の未経験者だと思います。 その中で先輩方から学び、また外部への研修等に参加することで、少しずつ成長し 自身の思う理想の福祉職員になればいいのだと思っています。 まずは、第一歩を踏み出すことが大切です。未経験問わず、一度経験してみてはどうでしょう。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

僕が仕事をしている中で大切にしていることは「ありがとう」という言葉です。 僕たち職員が、御利用者様に「ありがとう」と言われた際に、悪い気持ちを抱く方は居ないと思います。また嬉しく思う方が殆どだと思います。 逆を言えば、御利用者様も同様に「ありがとう」と言われ、悪い気持ちを抱く方は居ないと思います。 当たり前のように御利用者様の生活を支援していますが、御利用者様は自身のプライバシーに関わることも御家族様以外である僕たちにみせながら日常生活を送られています。 そんな御利用者様の気持ちを理解し、日々「ありがとう」という気持ちを持つこと、またご利用者様本人に直接感謝の気持ちを伝えることを大切にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉業界だけでなく、働くということは簡単なことだけではありません。働いている中で悩むこともあるでしょう。しかし、困難や課題があっても一人で考えるだけでなく、チームで取り組むことができるのも福祉業界の良いところでもあります。福祉の道への第一歩を踏み出してください。自分に合うのか身をもって体験することも一つの方法です。石の上にも3年!!まず3年頑張ってみませんか。

 福祉の星 一覧に戻る