イチオシ職員からのメッセージ900

一つ一つの関わりの機会を大切に

福祉の星 安達さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

中学の時に学校の行事で福祉体験を行う機会がありました。福祉施設で実際にご利用の方と関わったり、自分たちで地域ふれあいサロンを企画して開催しました。この頃から福祉に対して興味を持ち、高校で実務者研修終了を目指して約2年間福祉の勉強を行い、高校卒業後、福祉の仕事に就くことを決めました。

これからもこの仕事を続けたいと思う?

答え

まだこの仕事に就いてからあまり経っていませんが、福祉の仕事に就くことを決めてよかったと思っています。以前から興味を持っていた仕事に就くことになるなんて想像もしていませんでしたが、私はこの仕事にとてもやりがいを感じています。これから先、大変な事に遭遇する事も多いとは思いますが日々成長して行けるよう努めていきたいです。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

仕事をしていく上で分からない点は、なるべくその時に先輩方に尋ねるようにしています。分からないまま仕事をしていると、ご利用者に対して適切な対応が出来ないことがあるかもしれません。そして、ご利用者は私にとって人生の大先輩です。そのご利用者の方から学ぶこともたくさんあります。ご利用者との一つ一つの関わりの機会を大切にするようにしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

私はこの仕事に就くことに不安でいっぱいでした。ギリギリの時期まで、福祉の仕事に就くかどうか迷っていました。ですが、この仕事をする事を選んで本当によかったと思っています。ご利用者から「ありがとう」などの言葉を頂いた時はとても嬉しいです。少しでも福祉の仕事に興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

 福祉の星 一覧に戻る