イチオシ職員からのメッセージ905

自然体でご利用者に接するように心掛けています

福祉の星 塩見さん(社会福祉法人 成光苑)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

僕が介護の仕事をしたいと思ったきっかけは僕が高校生の時、祖母が倒れ入院しました。 その時、僕は見ている事しかできず、何か役に立ちたいと思い母が介護関係の仕事をしているのもあり興味をもちました。 高校を卒業して介護をより深く知る為に専門学校に行き勉強をしました。 実習で福祉施設に行った際に、ご利用者の方から「ありがとう、また来てね」と言って頂き、僕もこんなやりがいのある仕事がしたいという思い強まりこの職業を選びました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

「ありがとう」とご利用者に想ってもらえた時やりがいを感じます。 ただ介助を行い「ありがとう」ではなく、ご利用者の想いをくみとり、よりよいケアに繋がった時、ご利用者が安心して生活を送って頂けたら、自分もこの仕事をしていて良かったと思えます。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

ご利用者には丁寧な対応は大前提ですが、現在働いている所は、短期入所のご利用者が多いユニットの為、ご自身で身の回りの事が出来、介助が少ないご利用者が多く、良い意味で施設内で生活をするという意識を強く持たれないように、自分自身は自然体でご利用者に接するように心掛けています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

介護の仕事をしていると「大変やのにすごいな」とよく言われる事があります。 実際、大変だなと思う事もありますが、どんな仕事をしていても大変だと思います。 ですが、その分やりがいや達成感が充分あります。日々ご利用者の状態も違う為、毎日が刺激的です。 少しでも、介護に興味があればぜひ一緒に働きましょう!!

 福祉の星 一覧に戻る