イチオシ職員からのメッセージ909

しんどさ以上の感動を毎年子ども達にもらっている

福祉の星 和田さん(社会福祉法人 相愛福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

「できない」ことが「できる」ようになった瞬間に立ち会えた時は本当に嬉しいです。子ども達は毎日必死にいろんなことを吸収しています。私が想像しているよりも遥かに大きな力を子ども達は持っていて、そのお手伝いをしている私の方がパワーをもらうことが沢山あります。目まぐるしく過ぎていく日々ではありますが、その分一つひとつを終えるたびにやりがいを感じます。

しんどいことはどんなこと?

答え

自分の思いと子ども達の思いがすれ違った時や、うまく伝わらない時にはもどかしさや難しさを感じます。子ども達だけではなく保護者の方と関係を作るのも時間がかかることなので、新学期はいつも緊張します。すぐに解決することは難しいですが、子どもとはいえ、『一人の人』であることを忘れず、話をしっかり聞いたり、私の思いも真剣に伝えるようにしています。しんどさ以上の感動を毎年子ども達にもらっているのでこの仕事を続けています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

一つ目は「常に子ども達に見られている意識を持つこと」です。子ども達にとって私たち保育教諭が初めて出会う「先生」であり、お手本のような存在でもあります。いつも子どもの目線の先には自分がいることを意識して動くようにしています。二つ目は「一緒に楽しむこと」です。楽しいことをどんどん共有して、一緒に笑顔になれる瞬間が最高に幸せです。まずは自分が何でも楽しむことを大切にしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

私はこの仕事に誇りを持っています。きっと最初に思い描いていたものとは違った景色が見えてくることもあるかもしれませんが、その分、それ以外のやりがいや新しい発見、喜びを子ども達が教えてくれます。もちろん大変なこともありますが、「こどもが好き」という一番最初の気持ちを大切に、一歩を踏み出して欲しいなと思います。応援しています!

 福祉の星 一覧に戻る