イチオシ職員からのメッセージ911

共に過ごす中にゆるやかな時間が流れている所が、自分の性格に合っている

福祉の星 石田さん(公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

学生の頃にアルバイトとして行かせて頂いていた児童館で、障がいのあるお子さんと過ごし、ゆっくりではあるが確実に成長していく姿、共に過ごす中にゆるやかな時間が流れている所が自分の性格に合っていると感じ障害者福祉の仕事を志望しました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

私がやりがいを感じる時は、利用者さんが伝えたいことが分かった時です。私が働いている施設では、視線や声色でしか意思を伝えることができない方も多くいますが、時々質問に対してはっきりと答えてくれる時があります。更に利用者さんによってはもちろん、聞いた時々によって反応も違います。とても面白いし、支援のしがいがあると思います。

しんどいことはどんなこと?

答え

基本的に不規則勤務な為、夜勤明けの次の日が日勤という事もありうるので睡眠時間等調節しないと体力が持たない点がしんどいなと感じるところです。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉職と言えば大変なイメージがあるかと思われますが、楽しい事も沢山あります! 是非一緒に働きましょう!

 福祉の星 一覧に戻る