イチオシ職員からのメッセージ919

思いに寄り添えた時には、やっていて良かったなと思います

福祉の星 藤井さん(社会福祉法人 長岡京せいしん会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

小さい頃から祖父母に連れられボランティアに参加していました。祖父母の姿を見て自分も人の役に立ちたいと思ったのと、祖父が病気で介護が必要になり介護の勉強をしてみたいと思い介護の大学に進学しました。介護=病院のような場所と印象がありましたが実際見学してアットホームな雰囲気が決め手になり介護の仕事を選びました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

日々の暮らしをサポートしていく中で、入居者様の思いに上手くサポートできず、戸惑うこともありますが些細な出来事でも「ありがとう。あんたの顔みたら元気なったわ」と感謝してくださり思いに寄り添えた時にはやっていて良かったなと思います。

今までに一番心に残っている出来事は?

答え

入居されて間もない頃は洗濯物たたみ等のお手伝いをお願いすると「出来ない」と控えめにされていた入居者様がおられ、実際に職員と一緒にやり始め徐々にできることが増えると自分から「何か仕事ない?」とやりがいを見つけ、生きがいに繋がっていると感じられ、嬉しく思いました。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

お年寄りの方とかかわって自然に喜怒哀楽があり大変な時もありますが、長年生きて来られたお年寄りの経験談から学ぶことが多いです。実際に介護をしてみてしんどいというイメージから楽しい・笑顔に癒されると思えることもたくさんあるので、色んなところを見てみてください。

 福祉の星 一覧に戻る