イチオシ職員からのメッセージ924

「人をしあわせに導くお手伝いをする事」を考えて行動したい

福祉の星 小林さん(社会福祉法人 富士園)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

学生時代に、ボランティア活動に参加したことがきっかけで、「ありがとう」と感謝されたことにより、大変やりがいがある仕事だと気づきました。「相手と直接関わる仕事なので、心の暖かみを感じています。」又、超高齢化社会となり、これから30年近く成長していく分野の仕事であり、どんどんと求人が増えています。働き手不足の問題を解消する為の、最も社会で貢献できる仕事だと実感しています。人と直接関わる仕事は、自分らしさを発揮しやすく、「人の役に立てる事」や「人をしあわせに導くお手伝いをする事」を考えて行動したいとこれからも思います。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

利用者様の生活における困っている事やできない事に対して、お手伝いや声かけをする事で「ありがとう」などといった感謝のお言葉をもらうことが、福祉の仕事で一番に感じるやりがいであると思います。中には利用者様自身を気づかうことで、不快に感じてられてしまう利用者様もいらっしゃいますが、利用者様の言動を観察していきながら、本当に必要な支援がきた時に行動に移せる様に頑張ると、やりがいは各段に上がると思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

利用者様と接するときには、必ず笑顔で話しかける事を大切にしています。第一印象は表情からくるため、顔の表情から利用者様にも安心して接していただけるようにする事で、介助ができると思います。また、笑顔で接する事で自分の気持ちを切り替えたり、スッキリした状態で仕事ができるため、今後も忘れずに大切にしていきたいと思います。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉業界では、利用者様の生活における困っている事やできない事に対して、お手伝いや声かけをする事で「ありがとう」などといった感謝のお言葉をもらうことが、一番に感じる福祉業界でのやりがいであると思います。中には利用者様自身を気づかうことで、不快に感じてられてしまう利用者様もいらっしゃいますが、利用者様の言動を観察していきながら、本当に必要な支援がきた時に行動に移せる様に頑張るとやりがいは各段に上がります、一緒に福祉業界のやりがいを体験をしませんか。

 福祉の星 一覧に戻る