イチオシ職員からのメッセージ928

「目配り・気配り・心配り」…「けなし合いではなく、高め合い!」

福祉の星 審さん(社会福祉法人 市原寮)2021年度

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

入居者の方の笑顔、怒った顔や悲しい顔を間近に感じられることです。入居者さんのそばで同じ時間や空間を共有できることにやりがいを感じています。また、入居者さんだけでなくご家族の笑顔や励ましの言葉にもすごく元気づけられています。だんだんとできなくなることが増えてくる中、施設に入居してからできるようになったこともあり、何かができた瞬間に立ち会えた時の感動は言葉では言い表せません。そしてそれを他の職員と共有できた時、感動は2倍にも3倍にもなり、次の目標の後押しをしてくれます。悩んだ時に一緒に考えてくれるのも仲間です。1人でなく同じ目標に向かって働く仲間がいることがやりがいに繋がっています。

休みは十分にある?

答え

年間110日の公休と好きな時に有休が使える環境です。今はコロナでどこにも行けませんが、年に一度大型連休を取り海外旅行に行くことが私の楽しみです。また、月間のシフトもできる限り希望を聞いて作成してくれますし、子育てに大変な職員5人も退職することなく元気に頑張っているライフワークバランスを保ちやすい職場だと思います。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

「目配り・気配り・心配り」…「けなし合いではなく、高め合い!」入居者にスポットライトを当て、入居者を思ってケアをし、入居者の思いを汲み取っていけるように心がけています。一人ひとりの価値観は違って当たり前、合う、合わないは絶対あります。しかし、そこで相手を否定してけなし合うのではなく、支え合い、高め合っていける関係で一緒に仕事ができるよう日々努力しています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

短期大学を卒業後、今の職場に就職して13年めに入りました。つらいこと、悲しいことがたくさんあり、逃げ出したいこともたくさんありましたが、こうして13年働けているのも、日々の入居者の笑顔に私自身が元気をもらっているからだなあと実感しています。 悩んだ時は一緒に考えて解決に導いてくれる仲間がそばにいてくれます。一人頑張るのではなく、みんなで頑張っていきましょう!

 福祉の星 一覧に戻る