イチオシ職員からのメッセージ931

答え が無いからこそ常に考え続けることに面白みを感じています

福祉の星 山下さん(社会福祉法人 大樹会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私が高校2年生の夏ごろ、父方の祖父が脳梗塞で倒れ左半身麻痺になり、高齢者施設でお世話になる事になりました。元々福祉関係の仕事に就きたいと思っていた所であり、その中で祖父の面会などで高齢者施設に行く事が多くなり、この仕事に魅力を感じ、介護福祉士を目指しました。

今どんな仕事をしている?

答え

特別養護老人ホームで高齢者の生活を支える仕事をしています。私の働く施設では、介護 職員ではなく、生活支援員という名称で職員を呼びます。介護のみを提供する仕事ではなく、 高齢者一人一人の生活を支える仕事として、多様なスキルを身に付けるために日々の学び を大切にしています。

福祉の仕事の面白いところは?

答え

人々の生活に密着した福祉の仕事は正解や答えが明確にあるわけではないと思います。 だからこそ、日々学び、考え、一人ひとりの状況に合わせたケアの提供を心掛けています。 それでも、「これでよかったかな?」と思うこともあります。悩むこともありますが、答え が無いからこそ常に考え続けることに面白みを感じています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

福祉の仕事は人の生活に密接に関係しています。人が相手だからこそ、いろんな事を考えるし、多くの事を学ばせてもらえます。 人の生活に関わる仕事だからこそ、自分自身のあらゆる経験が活かせる仕事だと思います。 これまでの経験もこれからの経験も大切にして、目の前の一人ひとりに向き合ってもらいたいです。

 福祉の星 一覧に戻る