イチオシ職員からのメッセージ938

「朱音さんが来るの待ってたんやね」の一言が忘れられません。

福祉の星 杉原さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

祖母の認知症がきっかけでした。私が幼い頃、昨日まであんなに楽しくお話ししていたのに、次の日になると「あんたどこの子や?」「名前…なんやったかな」と一瞬にして自分の存在を忘れ去られてしまったことが怖くて悲しくて。「認知症」という言葉も知らないような年齢だったと言うこともあり、その時は「なんで忘れるの!」と怒ったことも覚えています。数年後、母が介護職に就いたことから福祉の仕事に興味を持ち、あの時の祖母は認知症だったんだと理解できました。

今までに一番心に残っている出来事は?

答え

大好きで仕方なかった方のお看取りです。出会った頃は拒絶されてばかりでしたが、段々と言葉が変わり、私のことだけは「朱音ちゃん」と名前を呼んでくださりました。もう最期の時が近くなり、呼吸が止まる寸前、私が部屋を駆けこんで名前を呼ぶとしっかり目を見て、大きく息を吸い、そのまま旅立たれました。家族様の「朱音さんが来るの待ってたんやね」の一言が忘れられません。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

お客様だけでなく、職員に対しても「見ること」を大切にしています。どうしても接していく中で相手の悪いところばかり目がいってしまいがちですが、どんな人でも良いところが必ずあるので、そこに目を向けるようにしています。それと相手の意見を尊重すること。意見すること自体、勇気がいることなので大切にするようにしています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

どうしても辛い、大変、しんどいというイメージになりがちな介護業界ですが、確かにそこは否定できません。しかし、仕事をしていく上で感じることは介護してみないと分かり得ないことです。あらゆる壁にぶつかることもたくさんあると思いますが、自分の心を信じて突き進んでいってください。応援しています。

 福祉の星 一覧に戻る