社会福祉法人 端山園 ヴィラ端山

(法人情報)

本部所在地:
京都市伏見区醍醐上端山町1番地47
代表者名:
理事長 山内幸雄
事業種別:
/ / / /
事業所名:
・特別養護老人ホームヴィラ端山(京都市伏見区)・ヴィラ端山デイサービスセンター(京都市伏見区)・地域密着型特養はやま(京都市伏見区)・ヴィラ端山居宅介護支援事業所・小規模多機能型居宅介護事業所栗栖野の家(京都市山科区)小規模多機能ホームいまくまの・グループホームいまくまの(京都市東山区) ※共同事業=リガーレグループ(代表施設=きたおおじ)
職員数:
102名(うち正規職員34名)
設立年:
平成3年
法人理念:
「ヴィラ端山は、一流の介護プロフェッショナルによる、一流の介護サービスを提供する、一流の総合福祉集団をめざす」
特徴:
/ /

(人材育成・教育関係情報)

■人材育成方針

ヴィラ端山にとって、職員ひとりひとりが貴重な財産であり、その財産を活かすために全力を注入しています。極めて多面性を持つ介護業務の遂行に不可欠の、”業務に対する意欲”、 ”業務に対する自信”を育むために、実務指導や研修を計画的に実施しています。

■特徴ある研修制度

ヴィラ端山は、施設内研修を毎月実施しています。また、7施設によるグループ化(リガーレ=暮らしの架け橋)にて「年間研修計画」に基づいた研修を実施しています。研修は”採用時研修”、”専門研修”、”役職者研修”、”資格取得研修”、”ファーストステップ研修”に分かれ、年間55もの研修があります。研修参加者は2、3名ですが、後日伝達研修を行い施設内に研修内容の浸透を図っています。実務者研修の取得のために、法人独自で費用の貸付制度を作りました。介護福祉士を取得後、1年間、就労すると、費用は、免除となります。

■その他

ヴィラ端山では、”プリセプターシップ”を導入し、先輩が後輩をマンツーマンで指導します。また、先輩(教える側)による後輩(教わる側)の成長の評価や、逆に後輩が先輩の指導に対する評価を行い、共に学び成長し合う環境を創っています。約3年前から取り組んでいました、個別ケアを学ぶために個別ケアプロジェクト会議を14時からの15分間を利用し、パーソンセンタードケアの研修やグループワークを通じて職員の意識改革を目指しやっていこう5カ条、やってはいけない5カ条が出来上がりました。今後は、5カ条を目標に取り組んでいきます。。

(働きやすさ情報)

■休暇制度:公休=年間110日、有給休暇、育児休暇、介護休暇及び介護短縮時間勤務等の各制度、推奨件案として夏期休暇などがあります。
■離職率(直近3年平均):7%(正規職員)
■その他実績:

社会貢献情報

■インターンシップ:1日コース(随時受入可、日程は要相談)
■実習:介護支援専門員、社会福祉士、介護福祉士の実習の受け入れをしております。
■地域との交流実績:近隣の東稜高校への講師派遣、チャレンジ体験、端山の丘こども園との定期的交流、町内への納涼祭案内配布等。毎月、コンサートを実施。地域の方の参加があり。地域の催しに職員がボランテアにて参加。消防団員として避難訓練等に参加。

(採用情報)

■大卒初任給:182,800円(基本給)
■賞与(前年実績):3ヵ月
■10年後のモデル賃金:242,200円(主任・介護福祉士)
■連絡先:075-573-7215
■URL:http://www.villa.or.jp

Weekly福祉の星 若手職員からのメッセージ


有効期限:2023年10月末日

上位認証事業所

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星
    • 福祉業界研究
    • 北部の福祉
    • 就職支援